ファイナンシャルプランナーは通称FPと呼ばれ、その定義は「顧客の利益を最優先することによって顧客から報酬を得る者」とされます。すなわテクノロジー04ち顧客とする個人の経済状態、すなわち収支・負債・家族構成・資産状況などの情報提供を受けて、住居・教育・老後のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う業務を行う者のことを指します。FPは、銀行・郵便局・証券会社・生命保険会社・損害保険会社・不動産仲介・分譲会社に勤務してその業務を行う企業系FPと、自ら事務所を持って営業する独立系FPとに分かれます。近年増えているのは、企業に属してその従業員に対するFP業務に携わる企業内FPです。

仕業と呼ばれる公認会計士・税理士・社会保険労務士・行政書士や、宅地建物取引主任者は、特定の分野に特化して業務を行うスペシャリストです。一方でFPはそれらの分野を縦横無尽にコミットすることができます。とりわけ財務相談・保険の勧誘・法律判断などの知識において強みを持ちます。しかしFPとしての相談業務は、例えば税理士が個別の税務相談を行うように、あるいは弁護士が法律相談を行うように、一般論を踏み越えた専門性を責任を持って行使するという訳にはいきません。つまり各仕業の職域ボーダーラインに近い立場として活動はしても、そこを踏み越えた場合は税理士法や弁護士法に抵触してしまいます。したがってFPとして最大限に能力を発揮し内容の濃いコンサルティング業務につなげるには、各仕業者とのコネクションを確立するなどの工夫がなされるべきです。