近年人気の資格としてFPと言われるファイナンシャルプランナーがあげられます。保険外交員や保険商品を販売している人の中でもこの資格テクノロジー01を保有している人も増えて来ており、資産運用から税金、不動産まで内容は多岐に渡りますが、現代の日本では重要な資格の一つとして考えられています。
ファイナンシャルプランナーの職業的原則として、まずは顧客利益の優先があげられます。顧客の個人情報を知る事となりますので守秘義務の原則同様、非常に重要な決まりがあります。職業倫理が求められる職業であり資格でありますので、そういった事を前提にお仕事をする事が要求されます。個人それぞれのライフプランや資産運用に至るまで、個々の自己責任による事が多くなった現代に、個人の経済的自立を支援する事で社会的役割を果たす事が出来ます。ファイナンシャルプランナーが扱う事としては包括的なアプローチが必要な分、税理士や弁護士、保険や金融から不動産の専門家の意見を取り入れながらプランニングを行い、顧客の利益を追求する事が求められています。取り扱う範囲が広い分多くの知識を必要をされますので、包括的に知識を得る事が出来る人に向いており、顧客の利益を最優先に考える事が出来る人に向いている職業と言えるでしょう。