保険業法

| 未分類 |

近年注目を集めている資格の一つに、ファイナンシャルプランナーが上げられます。顧客の目標に沿った資産運用や税金に関しての助言を行テクノロジー08う職業の事であり、顧客の各種保険の見直しに関して助言を行う等、年々注目を集めている資格となっています。しかし、このファイナンシャルプランナーという職業には多くの倫理が求められますので、法律との関連を含めて考えなければ行けません。
顧客の利益を優先して業務を行わなければ行けない職業ですが、顧客利益の優先と顧客の守秘義務の原則が掲げられています。そしてファイナンシャルプランナーには税理士や弁護士等の各種専門知識を持つ人達との関わりも多く、協力を得る事になります。そのためプランニングを行う際には、税理士法や金融商品取引法等の各種法律を遵守しなければ行けません。その中でも、保険業法とはファイナンシャルプランナーがプランニングを行う際に提案内容に保険商品を組み入れる事は可能であるが、保険募集人ではないため募集や勧誘を行う事は禁止されています。
この用にファイナンシャルプランナーといっても、守らなければ行けない法律や倫理が存在しておりますので、そういった事も含めて知識を得る事が重要となります。