税理士法

| 未分類 |

税理士と言うのは、税務に関する専門家であり、税理士の仕事と言うのは、税務書類の作成や、税務書類の申請業務、決算書の作成や会計テクノロジー06業務などを手掛けています。

中でも、税理士には独占業務と呼ばれる3つの業務が有ります。
この3つの業務は、税理士の資格を有する人のみが可能とするもので、有資格者における独占業務になります。

その業務と言うのは、税務書類の作成、税務書類の申告や税務署に対する不服申し立て、そして納税者などから受ける税務相談といった仕事が独占業務と呼ばれているものになります。

また、税理士には税理士法と呼ばれる法律で定められているのが特徴で、税理士の使命、職務、税理士会や税理士会連合会などに対する規定が定められており、税務に携わる人や無資格者の税理士業務への立ち入りの禁じなどが定められています。

この法律の中には、先ほど説明を行った税理士の独占業務についての定めも決められているのが特徴で、どのような仕事をする場合に資格が必要であるのか、税理士として職に就くためにの規定などが定められています。
そのため、税理士は、この法律により資格が与えられ、租税に係る税務代理と言った、独占的な権利を得る事が可能になるのです。