日本では長い間、年功序列の社会が続いていましょしたが、バブル経済が崩壊し、自己責任が求められ、会社に依存するだけでは生活を維持CD・DVDすることが難しい社会構造になってきました。
こういう社会構造においては、個人の価値観も多様化し、より良い人生を生きる為には、それぞれのライフステージにおいて、ライフプランを設計することが、必須事項となってきました。
ファイナンシャル・プランニングとは、より良い人生を生きるために、ライフステージごとの結婚・育児・マイホーム購入の等のライフイベントを乗り切る為の資金計画を行うことです。
バブル経済崩壊後、それぞれの価値観が変化したことがあり、個人の資産設計やアドバイスを行うFPといわれる職業が、新たにできました。
資産設計の必要性は、FPという人気資格が出来たこともあり、金融業界・保険業界で特に必要性が求められています。
何故、FPがこれほどもてはやされているのかといえば、バブル経済崩壊後の不安定要素がありますが、日本人はお金について何の勉強をしていなかったという反省があります。その為に販売業者のいいなりの契約で、損害をしたという例が多かったのです。
従来お金について良いイメージを持たれていませんでしたが、知ると知らないでは大違いで、個人の生活設計が全く違ってきます。道具としてのお金は素晴らしいものであることを発見したのです。これがFPがもてはやされる原因です。