弁護士法

| 未分類 |

どこの家庭でも悩みのタネとなりがちなのがお金に関することですが、特に将来の生活設計や老後の資金作りなどの目的にあわせた計画を立–¼Ì–¢Ý’è-2てていくことは非常に難しい作業となります。そのような場合に心強い存在となってくるのがファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーとはお金に関する専門知識を持った人たちのことで、お金にまつわる悩みを抱えた人に適切な助言を与えてくれ、将来的な資金つくりの手助けをしてくれる存在となっています。
ファイナンシャル・プランニングを行なうには、金融商品や税金、保険商品などについての幅広い専門知識が必要となってきますが、ときにはその専門知識が十分に発揮できないこともあります。
ファイナンシャルプランナーという業務を行うにあたっては、その業務を規制する法律というものはありません。しかしながら、業務を行う上で遵守しなければならない関連業法というものがあり、業務の一部にはファイナンシャルプランナーが手をつけてはいけない業務内容があります。
ファイナンシャルプランナーは前述したようにお金に関する幅広い専門知識を持っていますが、たとえば遺産分割や遺書の作成などの法律業務を報酬を受け取って行うことは弁護士法に抵触することになります。