顧客利益の優先

| 未分類 |

ファイナンシャルプランナーの仕事は、結婚や出産、住宅の購入や老後の生活など、顧客のライフステージにおいて多額の資金を必要とするさテクノロジー02まざまなイベントにも対応できるような生活設計の構築を支援することが目的です。したがってどのような場面においても、顧客の利益を優先させたプランニングを提案することがなによりも大切になります。
顧客利益を優先させることは、ファイナンシャルプランナーという職業に就くものであれば当然守らなければならない職業倫理の一つです。これは自ら事務所を構えてファイナンシャルプランニングをおこなう独立系のファイナンシャルプランナーだけでなく、金融機関や保険会社に所属している企業系ファイナンシャルプランナーと呼ばれる立場の人達にも当然当てはまります。ですから企業に所属している立場にある人でもファイナンシャルプランナーという職業についているからには、それが顧客のニーズを最も満たすものであると判断できるのであれば、たとえ自社の商品でない場合でも顧客に対して提案しなければいけません。ただし顧客の利益に結びつくものであればどんなことでも提案できるわけではありません。脱税など法に違反するプランの提案は当然ながら認められません。